子どもの便秘

子供を必死で産んでから夜の授乳やら大変でしたが、うちの息子は夜泣きで長泣きするという事がなかったのには本当に助けられましたし有り難かったです。

これは他のお母さんの話を聞くと夜中に泣く子を抱っこして彷徨ったとか聞いていたので、これがなかっただけ息子や助けてくれた祖母達には本当に感謝です。

しかし早産(一ヶ月くらい早く出てきました)だった割には乳児の時は母乳もミルクも両方飲んでスクスクと問題なく大きくなっていた息子ですが、そろそろ離乳食を始めてみよう!となって重湯から段々と食べさせていき、それに慣れてきたら今度は野菜をペーストにした物を混ぜて~それに慣れたら少し固形のジャガイモやみじん切りにしたニンジンなんかも混ぜて食べさせだした頃からでしょうか?

どうも息子のウンチが硬く出す時に息子も顔を真っ赤にして踏ん張っているのです。

更に出るペースも間隔が空く様になりウンチも硬くなってしまって赤ちゃんて、こんなに必死にならないと出ないもんだっけ?

と心配になり実家の母と旦那の母にも相談。

二人共「もう一回ペースト状の物に戻したら?」と言うので離乳食をペースト状に戻してみましたが、あまり効果はなく息子は毎回真っ赤になって出しているので…まさかこれは所謂「便秘」か?と思いお医者さんに診せに行く事にしました。

お医者さんに診てもらったところ、やはり便秘でした…というか子供でも便秘になるんだと驚いたのを覚えています。

早産だったせいで内臓の機能が、まだ外の成長に追いついていないのかもしれないと言われ、子供に申し訳なくなりました。

体の大きさは月齢の標準だったので離乳食を始めたが内臓の方が追い付いていなかったとは…結局お医者さんからも離乳食をまだペースト状の物を混ぜたのに戻して、しばらくは下剤で出すようにしましょうと水に混ぜて飲ませる下剤を処方されました。

そして、それでも出ない最終手段として「浣腸」を出してもらいました。

それから毎日下剤を飲ませていると硬めですが2~3日おきには出るようになって一安心でしたが、たま~に様子見で「出るか?出ないか?」と待っていると4日くらい出ない事があり、そういう時は最終兵器「浣腸」です!

でもこれをすると子供もお尻が気持ち悪いみたいで、夜泣き長泣きのなかった息子が凄い勢いで泣くものですから見ているこっちが可哀想で、もう二度としたくない作業です…。

しかし4歳になった息子はお陰様で便秘は解消されて今では自分でしっかりとトイレに行けるようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です