妊娠中の薬は医師に相談しよう

妊娠中にも、頭痛や発熱などの体調不良は起こります。

風邪もひきます。

そんなとき、ついつい市販の薬を飲んでしまいがちなのですが、赤ちゃんへの影響があるかもしれないので妊娠中は薬の服用は避けたほうがいいでしょう。

実際のところは妊婦さんで人体実験をするわけにはいかないので、薬の服用とお腹の赤ちゃんへの影響の因果関係は分からないと思うのですが、医師にそうだんすれば今まで蓄積してきたデータから妊婦さんが服用しても問題の無い薬を処方してくれます。

妊娠の時期や妊婦さんの状況にもよるらしいのですが、産婦人科の医師に相談すれば問題ないことが多いと思います。

思いますと書いたのは医師でも100%大丈夫だとは断定できない考えてるからです。

妊娠中は風邪をひいても、薬を服用したくない一心でただただ耐えるというママも多いと思います。

ですが、風邪も悪化させてしまうと発熱も長引きますし、高熱になってしまうとお腹の赤ちゃんへの影響はゼロとは言い切れないと思います。

妊娠中に薬を服用するというのは非常に抵抗があると思いますが、体調を悪化させるのもまたよくありません。

そのあたりはご自分の判断になりますが、風邪などの体調不良時には悪化する前に必ず医師の診察を受けましょう。

ちなみに、私の場合は風邪を我慢した結果、妊娠中にマイコプラズマ肺炎になってしまい半月ほど発熱してしまいました。

結局風邪薬以上にたくさんの薬を服用することになってしまい、かなり後悔することに。

結局生まれてきた次女は、ありがたいことに何の障害もなく生まれてきてくれましたが、たくさんの種類の薬を飲んでいたので生まれるまでかなり心配でした。

※ゼロ歳児なので今でも脳の障害だけ心配で仕方ありません。

ちなみにその際に処方された薬は下記です。

・メイアクトMS錠
・ナゾネックス点鼻液 噴霧用
・ムコダイン錠
・葛根湯加川きゅう辛夷
・カロナール錠
・アスベリン錠

たくさんありますよね。

これ医師は妊娠中でも赤ちゃんに影響のない薬だから大丈夫だと言って処方してくれたのですが、そのあと薬剤師に電話して何度も確認を取りました。

妊娠中はそのぐらい神経質になった方がいいと思います。

ちなみに、上にあげた薬を妊娠中に飲んでも大丈夫ということではありません。

医師が大丈夫といっても絶対はないと思っていますので、飲まないなら飲まないほうがいいわけです。

一番は体調管理をしっかりとすることです。

自己判断で市販の薬など絶対に飲まないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です