体重管理がものすごく苦労する!

妊娠してからの食生活と体重管理についでです。よく、赤ちゃんがお腹にいるんだから2人ぶん食べないと!と聞くかもしれませんが、そんなことは真っ赤な嘘だということを知っておかないととても苦労するんです。

妊娠中は、妊娠前のその人の体重によって、だいたい出産までに何キロまで増やしていいのかの範囲があります。

標準体型の人で、7?10キロ増加の範囲でとどめられると理想的です。

あまりに増えすぎると、産道に余計なお肉がついてしまって、難産になると助産師さんがおっしゃっていました。7?10キロなら、余裕だとはじめは思っていました。

しかし、助産師さん曰く、産んですぐに減るのはだいたい4キロとのことでした。と、いうことは何もしなくても赤ちゃんがいるだけで増えてしまうぶんが4キロ、脂肪が3?6キロということです。

妊娠していないときの体で、3?6キロも増やそうと思ったらかなり飲み食いできる!と思いますが、妊娠すると体が全く妊娠前と変わるんです。

ちょっと気をぬくと1カ月で2?3キロなんて普通に増えてしまいます。

それくらい妊娠中の体重管理は辛くてストレスなんです。

だいたい、太りやすい時期は、まず妊娠初期の悪阻の時期です。

悪阻がないという人もいるみたいですが、特に食べづわりになってしまった場合は、何か食べていないと気持ち悪いという状態になります。でも、気持ち悪くなるのでやはり食べないとやっていられません。

吐きづわりの時でも、食べても気持ち悪い・お腹がすいても気持ち悪い、というどうしたらいいの!!?という状態になることもあります。妊娠すると、いままで好きだった食べ物が食べられなくなることもあるので、食べ物の選択肢はこれまでより狭まるのですが、大切なのはこのときに、食べられる限りのもののうち、最もカロリーの低いものを選んで食べることです。

食べたいという欲求にまかせて高カロリーなものを摂取しつづけると、妊娠期間の中盤以降、必ず体重管理で苦労します。例えばポテトチップスか春雨スープなら春雨スープを選ぶ、というように心がけます。

そして、つぎの関門は悪阻が終わってすぐです。悪阻のあいだは妊娠前のように思った食生活ができなくなるので、その反動でついついたくさん食べてしまうんです。

しかし、妊娠前よりも脂肪や水分を溜め込みやすい体になっているので、このときも気をつけて食べないと太ります。

理想は、1カ月に1キロ増加のペースだと助産師さんから聞きましたが、妊娠前の食生活を送ると、その倍以上は増えてしまい、病院で指摘されます。体重管理で注意されると、母子手帳の体重の記入欄に赤線を引かれたり、お医者さんに怒られたり、メンタルも折れてしまいます。ですので、悪阻が終わったからといって食べ過ぎてはいけません。

ダイエット中の食生活のような、少しひもじいくらいの食生活でちょうどいいです。例えば、野菜中心の生活にしたり、おやつをやめてみたりなどです。

どうしてもおやつを食べたいときは、アイスやチョコレートは体を冷やし、脂肪をつけてしまうので、干し芋などが理想だそうです。

そして、最終関門は、出産直前の後期です。この時は、赤ちゃんは一気に体重を増やすので、もう呼吸しているだけで太るくらいの勢いで太ります。このときの増加には、どれだけ食生活をひもじくしても逆らえません。

ですから、ここで気を抜いて諦めると、産後取り返しのつかないくらい太ってしまうということです。臨月だけで3キロ増えるなんていうこともザラにあるので、ベストなのは、後期に入るまでに、貯金(あと〇〇キロ増やせる!という状態)をなるべく残した状態に調整することが大切です。後半になればなるほど、自分の意思とは関係なく、食べた食べないに関係なく増えてしまうんです。

これを、妊娠がわかった時点では知っておかないと、準備が遅れると、あとあと苦労するかもしれません!妊娠中は、身体を冷やさず、カロリーの少ない食事を心がけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です